« 芸術心のめばえ? | トップページ | 激闘!離乳食(2) »

2008年6月29日 (日)

激闘!離乳食(1)

さて、先日1才になったぷみまる。

これまではやや少食ながら、育児雑誌にあるように順調に、離乳食を進めてきていたのですが
Rinyuki1
実は最近、そうもいかなくなってきたのです。


ここ最近の食事の前の準備といえば

まず、新聞紙を拡げ、
Rinyuki2
ぷみまるの着替え
(というか肌着になる)
Rinyuki3
そしてこのような固形メニュー。
Rinyuki4
ぷみまるに、手づかみ食べ全盛期が到来したのです。
Rinyuki5

(※新聞紙を床に敷いてあります。)

そしてそれと同時に、実は離乳食のスランプに陥ってもいるのです。

ただ手づかみ食べをしてくれるだけならば、離乳食の順調な一段階として見守ることもできるのですが、ほとんど口に入れてくれない日もあり、母は現在、あの手この手で奮戦中なのです。

思えばこれまでは、概ねよく食べてくれていました。
Rinyuki6

しかし、さかのぼること2週間ほど前。

ぷみまる、スプーンを断固拒否するようになりました。
Rinyuki7

ちょうどその頃、地域の保健センターの栄養士さんから電話訪問があったので、相談してみましたが
Rinyuki8
今は離乳食の過渡期なので、心配することはないと言われました。


メニューを変えてみるなど色々試みたのですが効果はなく

そのうちに、食事用スタイを嫌がってものすごい勢いで引っ張ったり、星一徹なみに(ちゃぶだいではありませんが)皿も何もかもひっくり返すこともしばしばになってきました。
Rinyuki9
とりあえず、説得してみましたが
Rinyuki10
理解得られず。
Rinyuki11

いや、理解したから逃げようとしているのか!?

ぷみまると母の離乳食奮戦記、明日に続きます。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
click(投票)いただけると幸いです。

|

« 芸術心のめばえ? | トップページ | 激闘!離乳食(2) »

コメント

 私の子供は、あるとき、離乳食を食べず、無言で私の食事を指さしました。「それ、よこせ。」という意味なのは明白です。予想していたので、大人用の食事も離乳食向けにできるようアレンジしておいたので、そのまま与えました。調味料(香辛料は使わない)や素材、料理法(煮る、ゆでる、蒸す等)を工夫すれば、赤ちゃんにも食べられるものができます。お母さんと一緒のものを、一緒に食べるというスタイルにしてみては、いかがでしょうか。
 離乳食というのが、ぷみまるくんのプライドに、カチンと来ているのかも知れません。いずれにせよ、成長している証しです。暖かく見守ってください。

投稿: TOY | 2008年6月29日 (日) 10時30分

奮闘記、楽しみにしていますww

投稿: tomo | 2008年6月29日 (日) 14時24分

この時期になって、離乳食を嫌がる子は多いみたいですね。
友達も言ってました。
それにしても、手づかみチャレンジしてるとはエライです!
私も一度チャレンジしましたが続かず、全てスプーンであげちゃってます。
自分で食べれるのはボーロくらい。
お互い頑張りましょうね^^。

投稿: sachi | 2008年6月30日 (月) 02時02分

TOYさま。
ありがとうございますhappy01
なるほど、大人と同じようにしたいという心の成長から来るものなんですね。
ぷみまるの成長の芽とプライドを尊重しながら、色々と工夫していってみたいと思います。

tomoさま。
ありがとうございますhappy01
ぷみまると母のドタバタ離乳食奮闘記、明日ももう少し続きます。

投稿: ぷみまる母 | 2008年6月30日 (月) 02時21分

sachiさま。
1才ぐらいというのはそういう時期なんですね~coldsweats01
ぷみまるはスプーンを嫌がってしまって今はすっかり手づかみ専門になっていますが、いつか自分でスプーンで食べてくれる日を楽しみに、見守っていきたいと思います。
お互い頑張りましょうhappy01

投稿: ぷみまる母 | 2008年6月30日 (月) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芸術心のめばえ? | トップページ | 激闘!離乳食(2) »