« 「こんにちは」は言えたけれど | トップページ | 保育園のお誕生会(2) »

2009年7月 3日 (金)

保育園のお誕生会(1)

先日(先月の終わり頃のことですが)、ぷみまるの通う保育園で、6月生まれさんのお誕生会がありました。

保育園では毎月誰かのお誕生日があるので、「お誕生会」というのはほぼ毎月あるのですが、今回はぷみまるはお祝いされる側です。
保護者にも招待状をくれたので、行ってみることにしました。

ぷみまるに見つかるとお迎えの時間だと思ってこちらに走ってきてしまうのでは、という心配があったので、保護者席の後ろの方で隠れながら見る母です。
Tanjoukai1

大きいクラスの子から順番に、ホールに入場してきました。

あっ! ぷみまるも入って来た。
Tanjoukai2 

ちゃんとみんなと一緒に、決められたところにおすわりしています。
Tanjoukai3

こういう風にママがいない時のぷみまるの姿を見られる機会は滅多にないから貴重だなあ・・・と、思っていたら

わー!! 気づかれた!!
Tanjoukai4

けっこう遠くの方にいたのに、一瞬のうちに見つけられてしまいました。

わわわ! やっぱりこっちに走ってくる!!
Tanjoukai5

しかし今日は、ぷみまるはお誕生会の主役の一人です。
ちゃんと席について、これから会の進行にあわせて色々やらなければいけないはず・・・

というわけで、保育士さんに連れ戻されました。
Tanjoukai6
ぷみまるはその後、「あそこにママがいるのになんで行っちゃいけないの?」とでも言うように、しばらくジタバタしていましたが、

保育士さんに抱っこされると徐々に落ち着いてきました。
でも、まだこっちをじーっと見ています。

Tanjoukai7

(泣いたり暴れたりもがいたりして、またこっちに走って来ちゃうかなあ・・・。)
と、心配して見ていた母ですが、

会が始まると、ぷみまるはちゃんと自分で前の方に向き直って座りました。
Tanjoukai8
少し前なら、ママの姿が見えなくなるまではあきらめなかった気がするのですが

ちゃんと状況を判断したということなのでしょうか。

・・・ぷみまる、なんだか成長したなあ。
Tanjoukai9

・・・と、ぷみまるの横顔を見ながら感慨にふける母でした。
(このお話は明日に続きます。)
 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
相変わらずナスっぽい輪郭だけど、ちょっと大人になった気がするぷみまるの横顔に、応援クリックお願いしますshine

|

« 「こんにちは」は言えたけれど | トップページ | 保育園のお誕生会(2) »

コメント

子どもの状況判断というか、周りを見る(感じる)力にはいつも感心させられます。空気を読むというか・・。
でもこれって、お母さんと保育士とぷみまるくんの信頼関係がきちんとできているからこその反応だったりするんですよ。
「お母さんがこっちに来ないということは、お迎えじゃない」とか「先生が『ここに居てね』と言ってるから、自分はここに居なくちゃ」ということを自然と感じているってことなんですよねhappy01

投稿: DONA | 2009年7月 3日 (金) 10時50分

----------
DONAさま。
なるほど~coldsweats02そうなんですね。
入園して約3ヶ月経ちましたが、お迎えに行くときなどに保育士さんと接するぷみまるを見ていると、いい信頼関係ができているなーと感じることが最近よくありますconfident
これも保育士さんがぷみまるにすごく一生懸命接してくれているからなんだろうなと思いますし、ママに対しても毎日のお迎えと違うときちんと判断してくれたんですね・・・子供の成長って本当にすごいな~と思いますhappy02


投稿: ぷみまる母 | 2009年7月 4日 (土) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「こんにちは」は言えたけれど | トップページ | 保育園のお誕生会(2) »