« ぷみまるの運動会2010(2) | トップページ | はじめての船旅 »

2010年9月28日 (火)

平等な君

遊びの時はほーちゃんを閉め出そうとしたりするぷみまるですが
Byodo1

彼にはやけに、妹に対して平等なところがあります。
Byodo2

 自分の皿の上にあるメニューがほーちゃんの皿に置いていないと、「ほーちゃんのも持ってきて」と母に要求します。
(3才にしてなかなかの心配り・・・?)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 先日、近所の子供服屋さんに秋物の服を買いに行ったときもそうでした。。

母が服を選んでいる間、お店にある小さなキッズスペースで遊ぶ2人です。
Byodo3
 ちなみにぷみまるはこういう場所に行ってもパズル系の細かいおもちゃに興味を示すのに対し、ほーちゃんは木馬にまたがったりイスによじ登ったりしています。
 選ぶおもちゃに2人の性格の違いが現れているようで、なかなか面白いです。

さて、服をいくつか選び終え、ぷみまるに見せると
Byodo4

自分の服の方が1枚多いと気付いたらしいぷみまる、ほーちゃんのももう1枚買うよう母に要求します。
Byodo5

 そう言われても、他に気に入った服がなかったので、この日はこれだけ買って帰りたい母。
 服の数の差はまだほーちゃんにはわからないからいいではないか、と思うのですが

ぷみまる、自らほーちゃんの服を選び始めました。
Byodo6

えっ! それ!!? よりによってその服ですか!!?
Byodo7

 「ほーちゃんは女の子だからピンクの服」と思ったらしいです。

 結局その後なんとかぷみまるを説得して、最初に選んだ服だけを買って帰った母なのでした。
 しかし、自分の分が少ないので文句を言うならわかりますが、妹の分が少なくてもクレームをつけるぷみまるは、随分と平等主義的だなあとしみじみ思うのでありました。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
  
こういうところはなぜかやけに公正なぷみまるお兄ちゃんに
今日も応援クリックよろしくお願いいたしますヽ(´▽`;)/   

|

« ぷみまるの運動会2010(2) | トップページ | はじめての船旅 »

コメント

ぷーくん、やさしいですねぇ。

おんなじがいいんだね。
大人の事情もあるから、全部同じは無理だけど(笑)こうやって兄妹になっていくんですね!

投稿: チヒロママ | 2010年9月29日 (水) 07時41分

----------
チヒロママさま。
ぷみまるは、やけに公正というか真面目なところがあります。
3才の子供でもこういう考え方があるんだから、大人も見習わなくちゃいけないなあと思います
年が近いと本来は対抗意識もあると思うんですがねー。
でも、こんなお兄ちゃんの性格をほーちゃんも理解してくれて、仲良し兄妹になってくれるといいなあと思います

投稿: ぷみまる母 | 2010年10月 3日 (日) 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぷみまるの運動会2010(2) | トップページ | はじめての船旅 »