« おでかけ大好き | トップページ | ぷみまるとばあば、ほーちゃんとじいじ »

2011年2月23日 (水)

札幌帰省―さっぽろ雪祭りへ行く

 2月の12日から20日まで、ぷみまる母の実家の札幌に帰省してきました。
 今回は、ぷみまる父は仕事のためお留守番で、ぷみまる母・ぷみまる・ほーちゃんの3人だけで行ってきました。

 ぷみまる母1人で子供2人を連れて飛行機に乗るのは初めてのことで緊張しましたが、あまり周りの人に迷惑をかけないようにと飛行機の最後列の2つ並びの席を予約し、お菓子やおもちゃ(そしてほーちゃんにはもちろんピンク毛布)などを持って万全の態勢で臨んだところ、何とか何事もなく乗り切ることができました。

Hokkaido1

(最後列まで歩くのが少々大変ですがトイレの場所も近いですし、何より後方に人がいないので落ち着きます。子連れの方にはオススメです。)

 新千歳空港には、ぷみまる母の姉が迎えに来てくれていました。

じいじとばあばの家に着き、大きい声で元気よく挨拶するぷみまるです。
Hokkaido2

 さて、到着した日の翌日、ぷみまる母の姉と一緒に「さっぽろ雪祭り」を見に行きました。
(2月13日は雪祭り最終日でした。)

ぷみまるとほーちゃんは、ばあばが用意してくれたあったかいスノーウェアを着ていきました。
Hokkaido3

 慣れない雪道でうまく歩けず、また最終日の日曜日で混んでいたこともあり、あまりたくさん見て回ることはできなかったのですが、小さいクマの雪像や大きな氷の恐竜の像などを見ました。

それから会場にはジャンプ台があって、スキーヤーやスノーボーダーが次々と滑り降りてはジャンプするというパフォーマンスも観ることができました。
Hokkaido4  
 色んなポーズをキメて滑り降りてくる人たちを、興味深そうにじっと見つめるぷみまるです。

しかし、だんだんと小雪が散らついてきて風も吹いてくると、寒さに耐えきれなくなってしまった雪国慣れしていない3人です・・・。
Hokkaido5
 というわけで雪祭り会場には結局あまり長い時間いられなかったのですが


 ぷみまるにはジャンプ台からジャンプするスキーヤー達の印象が強烈に残ったようで

帰宅後、ソファーから布団に向かって何度も何度もジャンプをしてみせるぷみまるだったのでした(ほーちゃんも真似をしています。)
Hokkaido6

 なぜだかわからないのですが「今日のジャンプ予報です!」と言いながらジャンプするのです。会場でアナウンサーがノリのいい実況放送をしていたので、その中の言葉に「ジャンプ予報」というのがあって、それを覚えて真似しているのかな?という気もします。

 実際のスキーヤー達のように、上手に着地したり、失敗してゴロゴロ転がったりと色々なジャンプを見せてくれるぷみまる。
 なんとこの後、「ぷーくんの将来の夢は新幹線の運転手だけど、大きくなったらスキーもやるの」と言っております。
 きっとジャンプしているスキーヤー達がかっこよかったんだろうなあと思います。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
  
ぷみまるにとって雪祭りは雪像よりもジャンプが印象に残ったようです。
帰省の話はまだ続きます。
今日も応援クリックよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/ 

|

« おでかけ大好き | トップページ | ぷみまるとばあば、ほーちゃんとじいじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おでかけ大好き | トップページ | ぷみまるとばあば、ほーちゃんとじいじ »