« パッチン留め | トップページ | おしゃれなほーちゃん その2 »

2013年9月 6日 (金)

からだのひみつ大冒険2013

 先月、幕張メッセでやっていた「からだのひみつ大冒険2013」にぷみまるとほーちゃんを連れて行ってきました。

 本当はこの日は、隣の展示ホールでやっていた「トミカ博」に来たつもりだったのですが、入り口で急にぷみまるがこっちに行きたいと言い出したのです。
Karada1
ほーちゃんにはちょっと難しいかも?

と思って訊いてみると・・・
Karada9
ほーちゃんはトミカ博でも「からだのひみつ」でも、どっちも動物園じゃないからどっちでもいいみたいです・・・。

というわけで、「からだのひみつ大冒険」に入ってみることにしました。

これは、全米で大ヒットとなったシルビア・ブランゼイの絵本「Grossology」を題材に、「キタないモノにはワケがある」をテーマにして、体のさまざまな仕組みや秘密を探るという参加型展示。

入り口は、大きな口の中から入っていきます。
    ↓
 Karadaphoto1

これは鼻水おじさん。
   ↓
 Karadaphoto2

 写真だとわかりづらいですが、見上げるほど大きなロボットです。
 下の方にあるパネルのボタンを押すと手や首が動いて、鼻水のひみつの話をしてくれます。
 ひととおり話が終わった後、「くしゃみが出そうだ、ふぁ、ふぁ、ふぁ、ふぁーっくしょん!!」と言うのですが

ぷみまる、おじさんがくしゃみを出す一瞬前に、ものすごい勢いで遠くまで逃げていきました。
Karada2
思ったよりくしゃみは小さかったです・・・。

 会場は、子ども心をくすぐる胃腸や、鼻の穴や、おならなどのアトラクションがいっぱい。クイズやパネルなどの内容をみると対象は小学生ぐらいかな?と思いましたが

ぷみまるとほーちゃんも、色々なアトラクションを試してみていました。
 
  ↓
 Karadaphoto3_2

 でも一番楽しかったのは、この後、メイン会場を出てからのチケット制の遊び場所だったみたいです。大きなすべり台をすべったり、ふわふわに入ったりして楽しみました。

迷路があったので、2人だけで行かせてみることに。
Karada3
 入り口ではめ込んだバイ菌のパズルのピースと同じ形のものを中から見つけてくるというアトラクション迷路です。

ぷみまるに、「ほーちゃんのこと頼むね!」とよく言い聞かせて、母は出口で待っていたのですが

あれっ? ぷみまるだけ出てきた・・・?
Karada4

しかも、しっかり同じ形のバイ菌を探し当てて出てきたようで、鐘を鳴らしてもらっています・・・。

景品のゴムのピカピカ光るもじゃもじゃ人形をもらって喜び勇んでやってきたぷみまるに、ほーちゃんのことを訊いてみると
Karada5

・・・やっぱり忘れていたようです。
Karada6

 その後、ほーちゃんの手に適当なバイ菌のパズルピースを握らせて、手を引いて戻ってきたぷみまるですが、やはり適当に選んだせいかほーちゃんの方のは形が合わなかったようで、鐘を鳴らしてもらえませんでした。

これがまた何ともいえない残念賞で・・・。

Karada7

 まあ会場全体が消化器系のコンセプトだったので、普通に景品でうんち型の小物などがたくさんあったのですが、何とも言えず小さな(2㎝ぐらいの)プラスチックのうんちのおもちゃをもらい、お兄ちゃんの景品がそれに比して立派なのを見てお怒りのほーちゃんです・・・。

 でもまあ、子ども向けの遊びのアトラクションもあったおかげで、楽しく過ごせました。

 ぷみまるは、この日「人の鼻水は1日平均、牛乳パック1本分ぐらい出ている」というマニアックな知識を得て、その後たびたび言っていました

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   
   ↑ 
今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

|

« パッチン留め | トップページ | おしゃれなほーちゃん その2 »

コメント

マニアックぷみまる君(笑)
赤ちゃんのころから、知ってます(笑)
リズム体操?がすきな活発な子。
ディーゼル10だっけ?が好きだったこと。
自転車のベル、かっこいいのを買ってもらって満足してたこと。

うちは、ぷみ君ほど、活発、博識ではないけれど、メルヘンを加えた、やや同じ系統です(笑)

ほーちゃんは、毛布のエピソードしか覚えていないくらい、、、。特筆すべき出来事が、私の印象に残っていないくらい!!!うちの娘をまるきり一緒です(笑)(笑)(笑)
うちの家の記事を書いてます??っていうくらいです(笑)

投稿: なは母 | 2013年9月 8日 (日) 09時32分

----------
なは母さま。
ディーゼル10、自転車のベル、なつかしいです。
リズムなど振り付けのあるものは今も好きですが、ぷみまるは今のところどちらかというとインドア派ですねー
なは母さんの息子さんと共通点、多いかもしれませんね
そしてほーちゃんも。
ピンク毛布も、夏場に汗だくになってくるまっていたので、ひっそり隠して卒業しました。なつかしいです。
兄妹だとこういう組み合わせの性格になることが多いのかもしれないですねー。
これからも、なは母さんのおうちのエピソードとも重ねて楽しんでいただければ幸いです

投稿: ぷみまる母 | 2013年9月14日 (土) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パッチン留め | トップページ | おしゃれなほーちゃん その2 »