« 9月のおでかけ(1)サンダーバード博 | トップページ | 釣り堀へ行く »

2013年10月13日 (日)

9月のおでかけ(2)モンスターズユニバーシティ

 先月は、ぷみまる母の姉(ぷみまるとほーちゃんの伯母)が遊びに来てくれました。

 ちなみに以前も書きましたが、ぷみまる母の姉は映画の「寅さんシリーズ」が好きで、寅さんが「おいちゃん、おばちゃん」と呼んでいるのにあこがれて、ぷみまるたちに自分を「おばちゃん」と呼ばせるようにしています。
 
(今時は「おばちゃん」というのはあまり聞かないかも・・・名前で呼ばせたりしている人の方が多いと思うのですが・・・

映画館で待ち合わせて、一緒に映画「モンスターズユニバーシティ」を観ることにしました。
Eigakan1

おばちゃんと映画を観るのは初めてで、大興奮のほーちゃん。
Eigakan2
上映中に、何度も何度もおばちゃんを呼んでは
Eigakan3
変顔を披露するのでした・・・。
Eigakan4
(なぜ変顔・・・

 「モンスターズユニバーシティ」は、映画「モンスターズインク」のマイクとサリーが一人前の「怖がらせ屋」になることを夢見ていた大学時代のお話。
 「怖がらせ屋」は、より多くの子供たちの悲鳴を集めることがステイタスとなっています。

これがやけにはまったらしく、その後こんな風に2人で嬉しそうにたびたび悲鳴をあげるのが少々困りましたが
Eigakan5

 映画はとてもおもしろかったです。
 
 
 

 ちなみにぷみまるとほーちゃんコンビがいちばん面白かったのは、かたつむりのモンスターが、「講義に遅れる!」と一生懸命に進んでいたのが、やっと教室に着いたらもう講義どころかその年度の学期がすべて終わっていたというオチの部分だったらしく(物語の本題とはあまり関係がないのですが)、その後、何度もそのかたつむりの物まね(「遅れちゃう!」と言ってあせりながらも全然前に進まないという物まね)をしていました

 伯母ちゃん、遠いところありがとうございました。また一緒に遊びに行こうね。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   
   ↑ 
今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

|

« 9月のおでかけ(1)サンダーバード博 | トップページ | 釣り堀へ行く »

コメント

そういえば、私の周りも名前に「ちゃん」づけで呼ばせていますね。
私は「おじちゃん」でも、かまわないんですけど・・・

モンスターズユニバーシティは
二人にとって、とても面白い映画だったんですね
絵から二人の楽しさが伝わってきました。 

投稿: Toy | 2013年10月18日 (金) 23時53分

----------
Toyさま。
最近はおじちゃん、おばちゃんという言葉、ほとんど使わなくなりましたよね。
よその家のお母さんのことも、自分が小さい頃は「おばさん」と呼んでいた気がしますが、今の時代の子供たちはみんな「〇〇ちゃんママ」とか「〇〇ちゃんのお母さん」とか呼びます。

モンスターズユニバーシティ、子供も大人も楽しめました

投稿: ぷみまる母 | 2013年10月26日 (土) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月のおでかけ(1)サンダーバード博 | トップページ | 釣り堀へ行く »