« 年末の北海道(3) | トップページ | 昭和時代 »

2014年2月 2日 (日)

初めてのオーケストラコンサート

 最近、ぷみまるとほーちゃんは「トムとジェリー」のアニメがお気に入りです。

 トムとジェリーはお話のテーマやバックミュージックにクラシック音楽が登場することが意外と多くて、2人とも意味はわかっていないのだと思いますがアニメで流れていた「フィガロの結婚」を口ずさんだりするようになりました。
Orchestra1

前々から、時期が来たらクラシックコンサートに連れていきたいと思っていたので、ちょうどいい機会かも・・・と思い、子供が気軽に行けるコンサートはないかと色々探してみました。
Orchestra2
有楽町で毎年やっているラ・フォル・ジュルネもたしか未就学児OKのものがあるのですが、ものすごく混んでいるらしいので、小さい子供を連れて電車に乗って行く勇気がなかなか出ず・・・。
何かいいのがないかと探していたら、子連れOKのコンサートを見つけました。
「ママさんオーケストラ・クレイドル」
ママたちによる、ママと子供たちのためのコンサートです。

ちょうど、次のコンサートのプログラムに2人のブームのモーツァルトの「フィガロの結婚」があり、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」など、子供のクラシック導入として定番の音楽に加え、エルガーの「威風堂々」も。子供向けに、「となりのトトロ」の「さんぽ」もあり、今の2人にちょうどいい感じがします。

というわけで、行ってみることにしました。
Orchestra3
0歳から入場OKで、演奏中の途中退場が自由(入場は曲と曲の間ですが、楽章の間で出入りの時間をとってくれます。)、ということで、ぷみまるとほーちゃん2人とも連れて行くことにしました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
さて、コンサート当日です。
ほーちゃんはおとなしく座っていられるかな・・・?と心配でしたが

意外とほーちゃんが真剣な目つきで舞台を見ている・・・
Orchestra4
と、思ったら、見ていたのはそっち(団員の方々のドレス)でした。
Orchestra5
ママさんオーケストラなので、団員は全員女性。みんな色とりどりのドレスに身を包んでいるので、舞台上がとても華やかです。
これはほーちゃんの心をがっちりとらえたらしい・・・。

ぷみまるも、初めて見るオーケストラに色々興味を覚えたようです。
Orchestra6
(↑こんな説明でいいのか・・・??)

コンサートマスター(ミストレス)が最初にヴァイオリンの弓をサッとかまえるのを見て「なんであの人だけ先に弾くんだろう?」と思ったようです。

弦楽器が、左からヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスと大きさが大きくなって、音が低く太くなっていくことや、コントラバスを立って弾いていること、ハープの音が「ピアノに似ている」こと、チューバの音が太くて深いことなど、色々と感想を言っていました。

ほーちゃんはトトロの「さんぽ」のところで「この曲知ってる~」と喜んでいました。

が、しかし後半はだんだん飽きてきてしまった様子。
Orchestra7
親子で楽しむというのがテーマですが、子供向けのアニメソングでかためたりするのではなくて、ちゃんとクラシックの曲を静かに聴くことも覚えようというコンセプトなので、演奏はしっかりとした内容なのでした。

小さい子供がいると、親もなかなかこういうコンサートに行くことができません。
母も久しぶりに生のオーケストラを聴けてよかったです。
Orchestra8
周りが小さい子ばかりなので、子供が騒ぐのやもぞもぞするのもお互い様という感じで、あたたかい雰囲気のコンサートでした。

普通、指揮者がタクトをかまえれば会場はシーンと静まり返るものですが、けっこう子供の声がザワザワ聞こえてきたりする中でちゃんと集中して演奏を始めるのは、ある意味すごいと思います。
(ピアニストのグレン・グールドが、ピアノの音に女中の掃除機の音が介在してきたときに、さらなる音楽の高みに到達したというような話があったなーというのを思い出しました・・・。)

コンサートに慣れる、いい機会にもなったのではないかと思います。
Orchestra9
ちなみにアンコールはブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」でした。

最後の方は相当もぞもぞしていた2人ですが、帰り道には「楽しかった」と言っていました・・・
Orchestra10

ほーちゃんは特に、後半ほとんど寝ていたんですが・・・。
でも、一応二人ともなんとか最後まで座っていることができたし、生の音楽に触れる機会があってよかったです。

(次はラ・フォル・ジュルネにも挑戦してみるか・・・?)


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
   
今日も応援クリック、よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

|

« 年末の北海道(3) | トップページ | 昭和時代 »

コメント

うちは、6か月くらいで子どもむけ弦楽コンサートに行ってみたけど、途中で疲れて泣いちゃって30分もたなかったです(^^;)
今はどうかな〜。二人くらいわかるようになったら、いっぱい聴かせてあげたいよね。
いつか一緒に行きましょう!

投稿: ささやん | 2014年2月 4日 (火) 17時58分

コンサートは、座りっぱなしなのが子供にはハードルが高いよね。
4月になれば、ぷみまるは就学児となって普通に大人向けのコンサートにも行けるので、ちょっとずつ慣れていけるかなあ。
いつかぜひ、ご一緒しましょう

投稿: ぷみまる母 | 2014年2月18日 (火) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末の北海道(3) | トップページ | 昭和時代 »