« 昭和時代 | トップページ | 保育園の学芸会(2) »

2014年2月18日 (火)

保育園の学芸会(1)

今年も2月のはじめに、保育園でフェスティバル(学芸会)がありました。

ぷみまるとほーちゃんは保育園で同じグループ(年少~年長の縦割り保育のグループ)なので、今年は同じ演目に出演できます。
(ぷみまるはもうすぐ卒園なので、二人の保育園での共演はこれが最後となります。)

今年の出し物は、「ぐりとぐらのかすてらぱーてぃー」。

台本をもらったので、2人のセリフを確認します。
Festival1
ほーちゃんのセリフは・・・。
Festival2
・・・まずい! ほーちゃんの苦手な「つ」の発音が思いっきり入っている・・・。
Festival3

ほーちゃんは「つ」の発音がまだ時々「ちゅ」になってしまいます。
やはり、セリフも何度言っても「やーっと、ちゅいた!!」に・・・。
(まあまだ年少なので、かわいい感じが出ていいかも・・・?)

ぷみまるのセリフはこれ・・・。
Festival4

ぷみまるは卵アレルギーなので、「卵」という言葉に私たち親がナーバスなのかもしれませんが、なぜよりによってこのセリフの担当に・・・?と一瞬ひるんだぷみまる父と母でした。
まあ、ぷみまるは全く気にしていないようなので、考えすぎか・・・。

とにかく2人とも本番を楽しみに、家でもセリフを言ってみたりして練習をしていたのですが

なんと、本番の3日前に、ほーちゃんがインフルエンザにかかってしまいました。
Festival6
症状は軽く、熱は翌日には下がって本人は元気だったのですが、感染症のルール上、翌月曜まで休まなければいけないことになりました。
土曜日の学芸会には出られなくなってしまいました。

というわけで当日は、ぷみまる父のお父さんに来てもらって、家でほーちゃんを見ていてもらうことに。
Festival5_2
兄妹初共演となるはずでしたが、今回はぷみまるのみの出演となりました。
Festival7_2
年長さんは最後のフェスティバル(学芸会)となるので、ぷみまるだけでも出られてよかったです。ほーちゃんはまた来年があるので。

でも、ほーちゃんが言うはずだったセリフを、ほかの子が言っているのを見ると、ちょっとしみじみするなあ・・・
Festival9_2
ちなみにぷみまるの「ぐり」役は、舞台上でなぜか終始かたい表情・・・
Festival8_2
あとで聞いたら「緊張してた」と言うのですが・・・

フェスティバル(学芸会)のお話は次に続きます。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
   ↑
今日も応援クリック、よろしくお願いします・・・ヽ(´▽`)/

|

« 昭和時代 | トップページ | 保育園の学芸会(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和時代 | トップページ | 保育園の学芸会(2) »