ぷみまる 2才6~11ヶ月

2010年7月 2日 (金)

楽しき里帰り

 さて、約1週間の帰省の日々はあっという間に過ぎていきました。

 帰省の間に、ぷみまる母の叔父さん叔母さんご夫婦が、ぷみまるとほーちゃんの顔を見に遊びに来てくれました。

叔父さんの膝の上に乗ってきかんしゃトーマスの図鑑を読むぷみまると、叔母さんの顔をじっと見つめてニコニコのほーちゃんです。
Kisei6

またある時は、ばあばがピアノで「崖の上のポニョ」を弾いてくれました。

Ponyo1
保育園でいつもポニョの歌を振り付けつきで歌っているらしく、さっそくやってみせるぷみまるです。
Ponyo2
すると
Ponyo3
なんとほーちゃんまでもが踊り始めました。
Ponyo4
 ばあばのピアノに合わせて、母の膝の上で嬉しそうに跳ねるほーちゃんです。


 そして、いよいよ帰宅の日を迎え

帰りの飛行機で、2人そろって爆睡するぷみまるとほーちゃんでした。
Kisei7
(子連れ搭乗としては理想的な状況・・・!?)
 ちなみに帰りの便はばあばに付き添ってもらいました。

 今回の旅で、また色々な成長を見せた2人でした。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

ぷみまるにもほーちゃんにも楽しい旅となりました。
今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/
   

| | コメント (2)

2010年7月 1日 (木)

さっぽろ円山動物園へ行く(2)

 さて、円山動物園のお話の続きです。

 その日は平日だったので空いているかと思いきや、保育園や幼稚園の遠足らしき園児達がたくさん来ていました。
 このぐらいの小さい子供達が見て回るのに、広さも動物の種類もちょうどいい規模の動物園なのです。
Zoo8
 自分と同じぐらいの小さい子供達が集っていると、ベビーカーや抱っこから積極的に降りようとするぷみまる。

しかし、うっかりすると園児達の集団についていってしまうのでした・・・。
Zoo9 
(人好きなのか、保育園の習性なのか・・・?)

 札幌市円山動物園は、あの旭川の旭山動物園ほど有名ではないかもしれませんが、園内は巡りやすく整備されていて、キリンやライオンなどから北海道らしいエゾシカやオオカミ、白クマがいる「世界の熊館」など動物の種類もなかなか多彩で見所があり、動物たちの住まいもそれぞれの動物たちの特性を活かしたつくりになっていて、なかなか面白い動物園です。

白クマの檻の近くで、かわいいキャラクターも発見!
Zoo10
円山動物園のオリジナルキャラクターかと、はしゃぐぷみまると母でしたが
Zoo11
ちょっと違いました・・・。
Zoo12

 札幌コープのキャラクター、「トドック」だそうです・・・。
「本州の人間は知らないのか・・・」とぷみまる母の姉。
 白クマつながりで動物園の白クマのスポンサーになっていて、人形が置かれていたようです。

 ちなみに、ぷみまるが今回一番嬉しそうに見ていたキリンの名前は「ユウマ」と「ナナコ」・・・。
 (キリンで「ナナコ」と言えばnanacoカードかsweat02!?)と思ったら、そうです。それもセブンイレブンがスポンサーになっていたのでした。
 (最近の動物園はそうやってスポンサーをつけて頑張っているんだなあ・・・。)
Zoo13
 
 ちなみに円山動物園には「マルヤマン」という強烈なオリジナルキャラクターがあって、少々度肝を抜かれましたsweat02
 奇妙な迫力のテーマソングもあり、もしかするとやみつきになる人もいるかもしれません・・・。 

 ボルネオオランウータンの「レンボー」には、赤ちゃんが生まれたばかり。
 腕の中にしっかりと肌身離さず、大事に我が子を抱きしめているのがとても素敵でした。
 
 Zoophoto

 (↑ちょっとわかりづらいですが、右腕の中にかわいい赤ちゃんがいます。)

 ぷみまる母が今回一番印象に残ったのは、オオカミ舎です。
 ガラス張りの中の静かな森の中で、オオカミの夫婦が生まれたばかりの子供を守るようにひっそりと暮らしています。

その気品ある雰囲気は、絵本の悪者オオカミとは随分違い、思わず見とれてしまいました。
Zoo14
 
 ぷみまるも、「あれ、『3匹のこぶた』のオオカミ-?」と不思議そうに見ています。

さて、楽しみにしていたお昼ご飯は、ばあばの手作りお弁当。
大好きな鮭のおにぎりに、大喜びのぷみまるでした。

Zoo15
 円山動物園、とても楽しい思い出になりました。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

ぷみまるのおかげで、最近母もすっかり動物園好きになっているのでした。
今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/
   

| | コメント (0)

2010年6月30日 (水)

さっぽろ円山動物園へ行く(1)

 さて、帰省中に、ぷみまるとほーちゃん、ぷみまる母とぷみまる母の姉の4人で札幌市の「円山動物園」に行ってきました。

 ぷみまる母の姉が事前に調べたところによると、円山動物園では、動物園にいる動物と同じ誕生日の人がその誕生月に来園した場合、記念品がもらえるらしいのです。
 なんと、ぷみまると誕生日(6月20日)が同じ動物がいたので、ぜひ記念品をもらおうと楽しみにしていたのですが
Zoo1
ぷみまる母、不覚にも当日ぷみまるの年齢を証明するものを持って行くのを忘れました・・・。
Zoo2
 肝心なところではずしてしまう母です・・・。

 気を取り直して、園内に入ります。
 今回の旅の間は自宅からベビーカーを持参しなかったのですが、念のため札幌のベビー用品レンタル会社からベビーカーを借りていたので、それを動物園に持参したのですが

普段からあまり歩きたがらないぷみまる、動物園に入るなりベビーカーにどっしり座ってなかなか降りません。
Zoo3

 檻によってはベビーカーに座ったままの姿勢では見えづらいところもたくさんありますし、せっかく遠足気分で動物園に来たところなんだから少しは歩こうよ、とベビーカーから降りるように促したところ

すかさず、おばちゃんに抱っこをねだるぷみまるです。
Zoo4

 ぷみまるとしては、いつもはぷみまる母がほーちゃんを抱っこしているので仕方が無く歩いているところ、帰省中はばあばやおばちゃんの手が空いている(?)ので千載一遇のチャンスと思ったのか、やたらと抱っこをねだっています。
 もう3才なんだから(しかも14.8キロ)、もうちょっと自分で歩いてほしいなあと母としては思うのですが、

 おばちゃんが快く抱っこしてくれたので、嬉しそうに抱っこされているぷみまるです。

サル山の前でも・・・

Zoo5

白クマの前でも・・・
Zoo6
いやしかし、そろそろ限界ですよ!
なにしろ14.8キロ・・・。

Zoo7
 少々調子に乗っているぷみまるです・・・。
 円山動物園のお話は後半に続きます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

3才になっても抱っこ大好きぷみまるに
今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`;)/
   

| | コメント (2)

2010年6月27日 (日)

ホテルでランチ

 今回も帰省中のお話です。

ぷみまるとほーちゃん、この日はそろってやけにめかしこんでいます。
Lunch1

 以前ばあば(ぷみまる母の母)に買ってもらったコムサの余所行き着です。
 2人並んで写真を撮るのがなかなか難しかったので、後ろ姿になってしまいましたが、実際はこんな感じです。

 Lunchphoto_2

 こんなにおめかしをして、どこに出かけたかというと

 じいじへの父の日のお祝いと、ぷみまるの誕生祝いを兼ねて、札幌駅前にある「JRタワーホテル日航」のレストランに、ランチに行ったのでした。
Lunch2
ぷみまるのごはんは「お子様弁当」を卵抜きで作ってもらうというスペシャルメニュー。
Lunch3

 事前にアレルギー対応してもらえるかをレストランに電話で確認したところ、快く引き受けていただけました。
 卵抜きといってもそれを感じさせない豪華メニューです。
 イクラ鮭ご飯、ステーキ、お刺身から子供向けのポテトやウインナー、カニかまぼこなど色々と入っていて、ジュースもついています。

しかしぷみまる、せっかくの豪華メニューなのにやたらとポテトばかり食べています・・・。
Lunch4
(↑ほーちゃんが食べているのは赤ちゃんせんべい。)

 しかし全体的にやはり美味しかったようで、ぷみまるはこの日初めてお刺身を少し食べたのでした。(以前、何度かあげてみたのですが、食わず嫌いでまだ口にしたことがなかったのです。)

さらにデザートは大好きなメロンでした。
よかったね、ぷみまる。

Lunch5

 次回は帰省中に動物園に行ったお話です。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

兄妹おそろいの服なんてこの年齢にしかできないだろうなあ・・・と思いつつ。
今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/
 

| | コメント (2)

2010年6月25日 (金)

じいじとばあばとの再会

さて、なんとかかんとか無事札幌に着き

久しぶりに、じいじとばあばに再会です。
Jiijitobaaba1
おばあちゃん子のぷみまる、ばあばにも抱っこをねだります。
Jiijitobaaba2

しかし、すでにそろそろ抱っこに耐えられない重さなのでした・・・。
Jiijitobaaba3

一方、ほーちゃんはというと

Jiijitobaaba4

じいじの顔を見るといつもニッコリ満面の笑み。
手を振るじいじに、ほーちゃんも手を振って応えるのでした。

Jiijitobaaba5
ほーちゃんはおじいちゃん子なのかな?
帰省の話はもう少し続きます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

この旅でまた一回り成長する2人に
応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/ 

| | コメント (8)

2010年6月24日 (木)

ぷみまるとほーちゃん飛行機に乗る

 先日(6月12日~19日)、ぷみまる母はぷみまるとほーちゃんを連れて札幌の実家に久々に帰省してきました。

 2人の子供を連れて飛行機に乗る大変さを心配して、行きの飛行機はこの日札幌から来てくれたぷみまる母の姉が同乗してくれることになりました。
Kisei1

 ぷみまるが飛行機に乗って北海道に行くのは今回で3回目、ほーちゃんは初めてです。
 →「ぷみまる飛行機に乗る」(2008.06.03 ぷみまる11ヶ月)
 →「ぷみまる再び飛行機に乗る」(2008.09.07 ぷみまる1才2ヶ月)

 前回は機中で終始大暴れ、前々回は爆睡していたぷみまるですが、さて、今回はどうなったでしょうか。
 ちなみに国内線は2才までは大人の膝上に乗ることができ、今回はぷみまるはこの時まだぎりぎり2才だったのですが、子供2人とも膝上(ぷみまる母と姉の膝上)でぎゅうぎゅう詰めになるよりも、3席並びでゆったり行きたかったので、ぷみまるも1人分の席を購入しました。

搭乗してから離陸までの待ち時間。
緊張する母に比して、ずいぶんリラックスしている子供達です。

Kisei2_2

 窓際の席に座ったぷみまるは、窓の外を走る飛行機を見て「ぷーくんあれに乗る~!」などと言っています。空港待合室から搭乗用通路を通って来たので、自分がすでに飛行機に乗っていることがいまいち実感できていないようです。
 ほーちゃんは初めての場所にかなりエキサイトしています。

なぜか「安全のしおり」を読みふけるぷみまる(飛行機の絵が描いてあるので興味を引いたようです。)と、姉の膝上でニコニコ顔でジタバタしているほーちゃんです。
Kisei3

いよいよ飛行機が動き始めたところで、いきなり「ママ抱っこ」と言い始めるぷみまる。
ほーちゃんは、席の後方に向かって笑顔を振りまいています。

Kisei4
その後、ぷみまるは離陸とほぼ同時に寝てしまい、ほーちゃんはずっとご機嫌で動き続けていたのでした。
Kisei5
帰省のお話は次回に続きます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

子供の動きはいつも全く予測不能sweat02
本日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/ 

| | コメント (4)

2010年6月15日 (火)

禁断のメダルゲーム

 ぷみまる一家が時々利用する大型スーパーには、入口に子供用のゲームコーナーがあります。

 まだぷみまるは小さいので、ぷみまる母がぷみまるを連れて行く時は車などの乗り物系のゲームに乗せてただハンドルを握らせたり、ボール投げやもぐら叩きなどの体を動かすゲームをちょっとやらせる程度だったのですが
Game1
 先日、ぷみまる父とぷみまるが2人で買い物に行った時のこと

ぷみまるが、メダルゲームに興味を抱きました。
Game2 
 ぷみまる母は、まだこういう風な画面をじっと見なければいけないゲームやギャンブル性の強いゲームはやらせていなかったのですが

そこは父親の少々甘いところ。
ぷみまる父、ちょっとぐらいならいいかとメダルを購入。

Game3

こういうゲームは大体、すぐにメダルを吸い込まれて終わるだろう、とたかをくくって始めたらしいのですが

Game4
・・・・・
Game5
ぷみまる、いきなり大当たりを出してしまいました・・・。
Game6
 1枚のメダルが大量に増えてびっくりしたようですが、「ふえた! ふえた!」と一生懸命にメダルを拾い集めています。

その後も小さな当たりを繰り返し、メダルはなかなか減ることがなく、ちょっとのつもりが随分長い間そこに足止めをくらったぷみまる父だったのでした。
Game7
 そして、最初に大当たりが出たので、その後メダルが出なかったり少なかったりすると「出ない!」「2個しか出ない!」と不満そうなぷみまるだったのでした・・・。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

ギャンブルの楽しさを教えるのはまだ早いですよ!(゚Д゚;)
本日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (4)

2010年6月 8日 (火)

2人のおやつ

ぷみまるとほーちゃんのおやつタイム。

ほーちゃんに赤ちゃんせんべいをあげると、ぷみまるは自分のおやつがあっても必ず赤ちゃんせんべいを一緒に欲しがります。

Oyatsu1
というわけで最近、ぷみまるとほーちゃんが並んで赤ちゃんせんべいを食べていることが多いのですが
Oyatsu2
ぷみまるはポリポリと上品に少しずつかじるのに対し、ほーちゃんは豪快に折っては口の中に入れていくので

必然的にほーちゃんの方が先に食べ終わります。
Oyatsu3

ほーちゃんがもう1枚おかわりをすると、1枚目をまだ食べ終わっていないぷみまるも対抗してもう1枚欲しがります。
Oyatsu4
しかしほーちゃんが3枚目に突入する頃には、ぷみまるは大概、戦線離脱しているのでありました・・・。
Oyatsu5
おかわりするのに残すぷみまると、止めなければ際限なく食べてしまうほーちゃん。
すごく対照的な兄妹です・・・。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

性格の違いって面白いです・・・。
今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (2)

2010年6月 2日 (水)

誰の歩行器?

ほーちゃんに、そろそろ歩行器を使わせてみることにしました。
Hokouki1
しかしもちろん、黙って見てはいられないのがこの人。
Hokouki2
 ちょっと予想はしていましたが、ほーちゃんのベビーベッドでさえも「ぷーくんもここで寝る!」と言っていたぷみまる。
 こんな楽しそうな乗り物を放っておくはずがありません。(自分が昔乗っていたことは覚えていないらしい・・・。)

というわけで、ぷみまるを乗せてみました。
Hokouki3

 足が車輪に当たって痛がらないか心配でしたが、まだ何とか乗れるようです。
 しかし、さすがに動きづらいようで、つま先で蹴りながらちょこまかと進んでいきます。

なぜかほーちゃんと対等に、使用する順番を主張するぷみまるです・・・。
Hokouki4

 「これは赤ちゃんが歩く練習をするための物なんだよ」と言っても、あまり納得してくれません。
 まあ確かに、ぷみまるから見たら歩行器も「乗り物」の一種なのかも・・・。

(これじゃあほーちゃんの練習にはならないなあ。まー仕方がないか・・・。)
と、思っていたら


歩行器に乗るぷみまるの傍らで、ほーちゃんは丸イスを使って歩く訓練を開始していたのでした。
Hokouki5_2

 ぷみまるも昔、丸イスにつかまって歩いていたので、なんだか懐かしいです。
 でも、なんだか変な光景・・・。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    

どうなることか、この兄妹・・・!?
今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (6)

2010年5月29日 (土)

ほーちゃんのことば

最近、ほーちゃんが色々としゃべるようになってきました。
Babu1

赤ちゃんが「ばぶう」と言うなんて漫画みたいですが、本当に言うんですね。

(ぷみまるは「ばぶう」とは言わなかったなあ・・・。)
Babu2

しばらく前から言っていた「まんま」は、最近、母のことだけではなく、ごはんのことも指しているようです。

Babu3

さて、このところ多いのが、つかまり立ちをしての雄叫びです。

Babu4
ほーちゃんが叫ぶとぷみまるが真似をするので、家の中は「ぎゃおー!」「ぐわああー!」という声が飛び交い、さながら恐竜時代のようになります・・・。
Babu5
 ほーちゃんの雄叫びはとても乙女とは思えないほどドスがきいていて、投擲(※)の選手が投げる瞬間の叫び声にも似ているなあなどと母は思うのでした。 
  (※投擲(とうてき)・・・砲丸投・円盤投・ハンマー投・槍投などの総称)

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
    

雄々しい(?)ほーちゃんに、今日も応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (4)

より以前の記事一覧