旅行記

2014年3月27日 (木)

山梨・富士旅行(3)

さて、河口湖畔のホテルに1泊した翌日は、河口湖の遊覧船に乗りました。

 少し雲がかかっていますが、船上から見た富士山です。

 Fujiphoto4

ぷみまるは、前の日のスケートがよほど気に入ったようで、今日も行くと言っています。
Fuji9
ぷみまるの熱意に負け、結局この日も富士急ハイランドに行くことにしました。

でもその前に、「河口湖オルゴールの森」へ。
世界最大規模という、部屋の壁一面のダンスオルガンの演奏が圧巻でした。

  
 Fujiphoto3

庭園には、子どもたちが楽しめる色々な音楽のしかけがあります。
夢中になって音を鳴らすぷみまるです。
 

 Fujiphoto2

あたたかい季節に行けば薔薇がたくさん咲いているらしいのですが、今回は残念ながらあまりお花は見られませんでした。

ほーちゃんはこの白鳥を気に入った様子。

 Fujiphoto1

さて、その後は山梨名物の「ほうとう」を食べて
Fuji10
それから、2日目のスケートです。
 

 Fujiphoto6

今日もほーちゃんを指導(?)するぷみまるです。

たくさん滑ってすっかりくたくたになって、帰りは2人とも車でぐっすり眠ってしまいました。
Fuji12
楽しい家族旅行となりましたhappy01

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
  
今日も応援クリック、よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

山梨・富士旅行(2)

 富士急ハイランドには、ほーちゃんの好きな「リサとガスパール」の町が出来ていて、ここには子供向けの乗り物があって楽しめました。
 昼食は、ハイランドリゾートの「リサとガスパールのレストラン」へ。

 Fujiphoto7

 とてもかわいいお店でした。

その後、ぷみまるも何か勢いのある乗り物に乗りたいというので、「マッドマウス」という乗り物に乗りました。

ぷみまるは楽しそうでしたが、母は角を曲がるたびに体が振られてガンガンぶつかり痛かったです・・・。
Fuji6

その後、2人がスケートをしたいというのでやってみました。
Fuji7
 最初にぷみまるがやってみたいと言って20分ぐらい滑り、その後ほーちゃんも「ほーちゃんもやる」といって参加。
 たった20分ですが先に滑っていたぷみまるは、ちょっと先輩顔でほーちゃんに指導していますcoldsweats01

 ここのスケートリンクには「2枚刃のスケート靴」というのがあって、初めてでもけっこう安定して氷に立つことができます。

「スケートメイト」という氷上ソリもあって、楽しいです。
Fuji8
旅行の話はまだ続きます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
   
今日も応援クリック、よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

山梨・富士旅行(1)

ぷみまるが小学校へあがる前に、家族で1泊旅行に行くことにしました。

行き先は、ぷみまるが日本地図の「日本で一番高い山の富士山」を見たいというので、山梨県の河口湖畔の温泉にしました。
Fuji1

初日は、まっすぐに富士急ハイランドへ。
Fuji2

絶叫系コースターはまださすがに乗れない(ぷみまる母も苦手で乗りたくない)ので、まずはメリーゴーランドや観覧車に乗りました。
Fuji3
が、もう少し刺激がほしい様子・・・?

ほーちゃんがハム太郎の「ハムハムおうこく」に行きたがったのですが、ぷみまるは行きたくないというので、二手に分かれることにしました。
Fuji4

 富士急ハイランドに家族で来るのは実は2回目です。
 はじめて来たのは、ぷみまるが2歳、ほーちゃんが生後まだ6か月のとき

 このときは、ぷみまるのトーマスブームの真っ最中で、おとなりのハイランドリゾートホテルのトーマスルームに泊まり、富士急でもトーマスランドだけに行ったのでした。
 あんなに大好きだったトーマスのことも、トーマスランドに行ったこともぷみまるはあまり覚えていないようで、今回はトーマスランドの乗り物にはまったく興味を示しませんでした。
 昔を思い出すと、なんだかしみじみしてしまいます。

 ぷみまる父とぷみまると分かれてから、母とほーちゃんは「ハムハムおうこく」の「フワフワお空の大冒険」に乗りました。

しかしこれが、意外とスピードが出る乗り物でした・・・。
Fuji5 

 けっこう高いところから吊られて勢いよく曲がるのでなかなか迫力もありましたが、ほーちゃんは楽しそう。

富士急ハイランドの話はまだ続きます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
  
今日も応援クリック、よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2011年7月21日 (木)

札幌、夏の帰省(1)

 早めの夏休みをとって、7月14日~19日までぷみまるとほーちゃんを連れて札幌のぷみまる母の実家へ帰省してきました。(ぷみまる父はお留守番。)
 前回帰省したのが今年の2月なので、約半年ぶりとなります。

じいじ大好きなほーちゃん。今回は何と、普段誰にも使わせないお気に入りのピンク毛布をじいじに自ら手渡しています。
Kisei1
じいじはほーちゃんの中でかなり格上な、気になる存在のようです。

ぷみまるも相変わらずで、「大好きheart04」と「抱っこ~heart04」を連発してばあばや伯母ちゃんに甘えています。
Kisei2

ほーちゃんは最近大好きなお絵かきを披露。
Kisei3

 クレヨンや色鉛筆を持つと、次々といろいろな色を持ち替えて、紙の上にのびのびとした線を引きます。
 描いている時はいつも真剣で楽しそうで、ほーちゃんは本当にお絵かきが好きなようです。

 さて、賑やかな昼が終わり皆が寝静まった頃

ばあばが片付けをしていて、ソファーのクッションを何げなくひっくり返したところ
Kisei4
・・・・・
Kisei5

なんとこんなところにいつのまにか、ほー画伯の作品が!!
Kisei6

 ぷみまるはこういう風に物に落書きをしたことが一度もないので、ほーちゃんには驚かされます・・・。

 帰省のお話はまだ続きます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
   ↑  
自由な作風のほー画伯に、応援クリックよろしくお願いします(´▽`;) /

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

ぷみまるほーちゃんそりに乗る

滞在数日目に、ばあばにそりを買ってもらいました。
Hokkaido14

ぷみまるとほーちゃんが2人で乗ったら、きっとかわいいだろうなあと思ったのですが
Hokkaido15

現実はそううまくいかず・・・
Hokkaido16

ぷみまる(17キロ)を乗せたそりを引っ張りながら、腰をかがめてほーちゃんと手をつないで歩くのはけっこう大変でした・・・。
Hokkaido17

 おまけにその日は晴天で、陽の光が雪に照り返してまぶしく、ほとんど目を開けていられなかったぷみまるです。

 ちなみにぷみまるもほーちゃんも、雪道を歩くのが意外と上手でした。
 子供は体重が軽いし柔軟性もあるので、大人より転ばずに歩けるようです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 さて、帰省の日々もいよいよ終わる頃、みんなで札幌グランドホテルにお食事に行きました。

 昨年の6月に帰省した時と同じく、今回もばあばに買ってもらったコムサの服でバッチリとキメた2人です。
Hokkaido18
(相変わらず2人並んだ写真が撮れないので、今回はイラストです。雪の結晶模様をあしらった黒とグレーのシックな服です。やっぱりおそろいの服はかわいいなあと思いますheart04

 ぷみまる母は、ホテルにお食事に行くなんて本当に久しぶりでした。
 しかし不安だったので事前に個室を予約してもらいました。なにしろぷみまるはともかく、ほーちゃんは絶対にじっと座っていられない性格なのです。

予感的中・・・個室にしてもらって本当によかったです。
Hokkaido19

 ちなみに今回も、事前に子供用の卵抜きメニューをお願いしておきました。

 卵抜きお子様御膳はこんな豪華なメニューです。
  
 Hokkaidophoto1

 個室の窓からは雪の日本庭園が見えて、とてもきれいでした。

 Hokkaidophoto2


 札幌グランドホテルランチから帰宅して、その日の午後のこと、ぷみまるとほーちゃんはまた家の前で雪遊びを楽しみました。

最初の頃とは打って変わって、そりに乗る気満々のほーちゃんです。
Hokkaido20
 この日はぷみまるが早々に雪遊びを切り上げて家に入ってしまったので、ほーちゃんはそりを占領することができたのが嬉しかったようです。

 前はいやがって乗らなかったのに、自らそりに乗り込み、もっと速く引っ張れと体を前後に揺らすほーちゃんなのでした。

 今回の帰省では、2人とも雪を満喫することができてよかったなあと思います。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
  
楽しい帰省となりました♪
今日も応援クリックよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/ 

| | コメント (10)

2011年2月26日 (土)

ぷみまるとばあば、ほーちゃんとじいじ

札幌滞在中、毎日のようにばあばと一緒に近所に買い物に出たがるぷみまる。
Hokkaido7

ばあばと手をつないで連日出かけるせいか、雪道にも慣れてきました。
Hokkaido8

 しかし、絶対にぷみまる母とではなく、ばあばと2人だけで出かけたがるぷみまる。

 (あやしい・・・sweat02
 と思ってたらやっぱり。

連日大好きなガチャガチャをやらせてもらったり、何かおもちゃを買ってもらって帰ってくるのでした。

Hokkaido9

 ぷみまる母と行くと「そんなに買っちゃダメ」と言われるのを見越し、ばあばと2人だけで出かけたがるぷみまるです・・・。


 一方、こちらはほーちゃん。

テレビを観ては音楽にあわせて手をヒラヒラ振ったり、くるくる回ったりして踊るのですが
Hokkaido10

踊っていると必ず
Hokkaido11

じいじの方を見てアピールします。
Hokkaido12

(ちなみに「ばぁぱ」とは、ほーちゃんがじいじやばあばを呼ぶときに使います。「ばあば」と「パパ」が混ざっているのかな?)

なぜかいつも踊りながらチラチラじいじの方を見ては、大きな声で呼ぶほーちゃんです。
Hokkaido13

 じいじとばあばのことが大好きな、ぷみまる&ほーちゃん兄妹です。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
  
帰省のお話はまだ続きます。
今日も応援クリックよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/ 

| | コメント (2)

2011年2月23日 (水)

札幌帰省―さっぽろ雪祭りへ行く

 2月の12日から20日まで、ぷみまる母の実家の札幌に帰省してきました。
 今回は、ぷみまる父は仕事のためお留守番で、ぷみまる母・ぷみまる・ほーちゃんの3人だけで行ってきました。

 ぷみまる母1人で子供2人を連れて飛行機に乗るのは初めてのことで緊張しましたが、あまり周りの人に迷惑をかけないようにと飛行機の最後列の2つ並びの席を予約し、お菓子やおもちゃ(そしてほーちゃんにはもちろんピンク毛布)などを持って万全の態勢で臨んだところ、何とか何事もなく乗り切ることができました。

Hokkaido1

(最後列まで歩くのが少々大変ですがトイレの場所も近いですし、何より後方に人がいないので落ち着きます。子連れの方にはオススメです。)

 新千歳空港には、ぷみまる母の姉が迎えに来てくれていました。

じいじとばあばの家に着き、大きい声で元気よく挨拶するぷみまるです。
Hokkaido2

 さて、到着した日の翌日、ぷみまる母の姉と一緒に「さっぽろ雪祭り」を見に行きました。
(2月13日は雪祭り最終日でした。)

ぷみまるとほーちゃんは、ばあばが用意してくれたあったかいスノーウェアを着ていきました。
Hokkaido3

 慣れない雪道でうまく歩けず、また最終日の日曜日で混んでいたこともあり、あまりたくさん見て回ることはできなかったのですが、小さいクマの雪像や大きな氷の恐竜の像などを見ました。

それから会場にはジャンプ台があって、スキーヤーやスノーボーダーが次々と滑り降りてはジャンプするというパフォーマンスも観ることができました。
Hokkaido4  
 色んなポーズをキメて滑り降りてくる人たちを、興味深そうにじっと見つめるぷみまるです。

しかし、だんだんと小雪が散らついてきて風も吹いてくると、寒さに耐えきれなくなってしまった雪国慣れしていない3人です・・・。
Hokkaido5
 というわけで雪祭り会場には結局あまり長い時間いられなかったのですが


 ぷみまるにはジャンプ台からジャンプするスキーヤー達の印象が強烈に残ったようで

帰宅後、ソファーから布団に向かって何度も何度もジャンプをしてみせるぷみまるだったのでした(ほーちゃんも真似をしています。)
Hokkaido6

 なぜだかわからないのですが「今日のジャンプ予報です!」と言いながらジャンプするのです。会場でアナウンサーがノリのいい実況放送をしていたので、その中の言葉に「ジャンプ予報」というのがあって、それを覚えて真似しているのかな?という気もします。

 実際のスキーヤー達のように、上手に着地したり、失敗してゴロゴロ転がったりと色々なジャンプを見せてくれるぷみまる。
 なんとこの後、「ぷーくんの将来の夢は新幹線の運転手だけど、大きくなったらスキーもやるの」と言っております。
 きっとジャンプしているスキーヤー達がかっこよかったんだろうなあと思います。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
  
ぷみまるにとって雪祭りは雪像よりもジャンプが印象に残ったようです。
帰省の話はまだ続きます。
今日も応援クリックよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/ 

| | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

沖縄への旅(4)―残波岬・かりゆしビーチ―

 「ビオスの丘」では、その後水牛の背中に乗って写真を撮ったり、素焼きの鉢植え釣り遊びをしたり、沖縄の楽器(三線など)を触ってみたりして、とても楽しく過ごすことができました。

 鉢植え釣りをするぷみまるです。
  ↓
 Okinawaphoto8

 遊び場所がいっぱいだったので思ったより時間がかかってしまい、この日はもう一ヶ所まわろうと思っていたので急いで出発。

すぐ近くの「琉球村」に車で向かいましたが
Okinawa16
到着してみると
Okinawa17

ぷみまるもほーちゃんも、すやすやと眠っていました。
Okinawa18
 起こそうか迷ったのですが、2人ともかわいい寝顔でぐっすりと眠っているので起こすに忍びず、そのままホテルに戻ることにしました。
 残念ながら「琉球村」には今回は駐車場までしか行けませんでしたが、またいつかみんなで来た時に行きたいと思います。

 しかし沖縄の旅もいよいよこれで最後。
 帰り道に残波岬に寄って、ぷみまる父と母だけがかわりばんこに車を降りて見てくることにしました。

残波岬に到着したところでほーちゃんが目を覚ましたので、母が一緒に連れて行ってみたところ、ものすごい風でした。
Okinawa19

 寝起きで突風をあびたほーちゃんです・・・。(しかし意外と平気そうでした。)

 
 そしていよいよ帰る日がやってきました。
 滞在中は天候に恵まれず、曇ったり小雨が降ったりしていたのですが、最終日はよく晴れて沖縄らしい空と海を見ることができました。

せっかくなので、帰る前にちょっとビーチに行ってみました。
Okinawa20

 ぷみまる、最後の日まで水嫌いを押し通します・・・。

しかし一方、ほーちゃんも・・・
Okinawa21

 普段は決して水嫌いではないのですが、ぷみまるがこっちに来ないせいか、初めての海に警戒したのか、裸足がいやだったのか、母にしがみついて降りようとしません。

 Okinawaphoto9jpg

 せっかく沖縄まで来たのに、子供達2人とも海に入るのを嫌がるとは・・・coldsweats01
 まあ次に来るときに期待したいと思います。

 でも、とても楽しい家族旅行となりました。

ぷみまるは今回の旅では、やはりジンベイザメが一番印象に残ったようです。
Okinawa22

 それにしても滞在中、ぷみまるもほーちゃんも沖縄の銘菓「ちんすこう」をとても気に入ったようで、随分とたくさん食べていました。
 ちんすこうはぷみまる母も大好きですが、やわらかくて持ちやすい大きさでほんのり甘く、子供に食べやすいようです。
 (ちなみにちんすこうは卵を使っていないのでありがたいです。)
 
 沖縄にはいつかまた家族で行きたいなあと思います。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
  
楽しい旅となりました♪
今日もぜひぜひ応援クリックよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/
 

| | コメント (0)

2011年1月18日 (火)

沖縄への旅(3)―万座毛・ビオスの丘―

 沖縄の旅3日目は、万座毛に行きました。
 迫力ある絶壁の景勝地ですが、遊歩道が整備されていて、子連れでも行きやすい観光スポットです。

ぷみまる、絶壁の岩を見て「あれ、折れそうだね~!」と何度も言っています。
Okianwa11

 ぷみまるが折れそうだと言っていたのはここ。
            ↓
 Okinawaphoto7

 折れてしまっては大変です・・・sweat02

 
 さて、その後の行き先は色々と迷ったのですが、「ビオスの丘」に行ってみることにしました。
 以前ぷみまる父と2人で沖縄旅行に来た時も行ったことがあるのですが、とても広々としていて、自然がいっぱいの素敵な場所だった記憶があったからです。
 ただの植物園ではなく、子供が楽しめる乗り物や動物、色々な遊び道具もたくさんあります。

まずはお船(湖水鑑賞船)に乗ってみました。
Okinawa12_2

その後「天染池」へ。
ぷみまるは池の中の遊歩橋を渡るのを気に入ったようで、2周もしました。
Okinawa13


ビオスの丘の中央にある広い広い庭には、木で出来た子供用の遊具もたくさん。
Okinawa14

園内には茶屋もあり、ソーキそばも食べられます。
Okinawa15

 ぷみまるとほーちゃんはソーキそばを気に入ったようです。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
  
沖縄の旅のお話はまだ続きます。
今日も応援クリックよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/

| | コメント (2)

2011年1月16日 (日)

沖縄への旅(2)―美ら海水族館―

さて、いよいよジンベイザメのいる大きな水槽のところにやってきました。
Okinawa7

 ジンベイザメです。

 Okinawaphoto2_2

 人と比べて見るとこんな大きさ。

 Okinawaphoto3

 雄大な泳ぎです。

 Okinawaphoto4

 大きなサメやお魚たちに、大歓声をあげる2人です。

 Okinawaphoto6

ぷみまるが目を輝かせてじっとジンベイザメを見つめている横で、ほーちゃんはテープをくぐって中に入ろうとしています。
Okinawa8 

ぷみまる、時を忘れたようにいつまでもジンベイザメの姿を目で追い続けます。

そうしている間にもほーちゃんは、ちょこまか動き回って他人のビデオカメラに映ろうとしています・・・。
Okinawa9

 ぷみまるは大きなジンベイザメがとても印象に残ったようで、その日の夜はホテルで、水族館でもらったパンフレットをいつまでもいつまでも眺めていたのでした。
Okinawa10

沖縄の旅の話はまだ続きます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ    
  
初めて見たジンベイザメの姿を、ぷみまるはとても気に入ったようです。
今日も応援クリックよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/

| | コメント (4)