ぷみまる 2才0~5ヶ月

2009年12月15日 (火)

ほーちゃんのバウンサー

ぷみまる母の友人が、お子さんのおさがりのバウンサーを譲ってくれました。

バウンサーは、ぷみまるが生まれたときも買おうか迷ったのですが、「あの細い支えの金具が万が一折れたら困る!」という不安から、当時は購入を見送りました。
(そんな事件は聞いたことがないのですが。1人目の時は何もかも過保護なのです。)
今回は運良く譲ってもらえたこともあり、2人目育児にはなかなか便利な代物なので(上の子を見ている時に下の子を座らせておけば、目を離している時の寝返り防止になります)、さっそく使ってみることにしました。

ほーちゃん、付属のおもちゃを気に入った様子で、カラカラと楽しそうに回しています。
Bouncer1

ぷみまるも、横で一緒に遊んであげています。
これは兄妹交流にもなかなかいいかも・・・?

Bouncer2

・・・と、思って見ていたら
Bouncer3

・・・・・
Bouncer4

ぷみまる、バウンサーの背もたれがビヨンビヨンするのがツボにはまったらしく、遊び始めました。
Bouncer5

当然ですが、バウンサーは(ぷみまるがいる所では)片付けることにしましたsweat02

すると、今度はぷみまるが自分も乗りたいと言うではありませんか。
Bouncer6    
バウンサーの参考使用体重は11キログラム未満まで。
ぷみまるは今13.5キロです。余裕で超過しています。
(真面目に折れるぞーsweat02!)
・・・とは思いましたが、

(これもぷみまるの赤ちゃん返りのひとつかもしれないし、むげに拒むのもなあ)
とも思い

まあ本人が気が済むならいいか、と乗せてみてしまいました。
Bouncer7
ぷみまる、しばらく座っていましたが
Bouncer8
身動きがとれないのですぐに飽きました・・・。
Bouncer9
そりゃそうだよね・・・。

動き回りたい盛りの2歳児には、ちょっとつらい乗り物だったようです。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
しかしほーちゃん、あんなにビヨンビヨンされて・・・下の子はこういうところがやっぱり大変です。
ほーちゃんに応援クリックお願いします(;´д`)

| | コメント (4)

2009年12月11日 (金)

君のぎゅーは母のもの

最近ぷみまるは、母によく「ぎゅーバチして」と言います。
Gyuuu1

「ぎゅーバチ」というのは、その名のとおり「ぎゅー」っとして、それから「バチー!」と言いながらサッと離れること。
(「バチ」の意味は不明。ぷみまるが考え出しました。静電気みたいな感じか??)
Gyuuu2

ちなみに「ぎゅーバチ」は、一度始まったら何度も何度も繰り返されます。

このぷみまると母のくっつきぶりといったらほんとにもう、道端で見かけるちょっとベタつきぶりがひどくて見ていられないカップルみたいです。

Gyuuu3
ぷみまるは、ぷみまる父にもごくたまに「ぎゅーバチ」しますが、ほとんどは母のところに来ます。
(これは母親の特権だもんねーhappy02!)などと思っていたぷみまる母なのですが


先日、いつものとおり保育園の連絡帳を読んでいたところ
Gyuuu4

ショックな一文を発見しました。
Gyuuu5

母、動揺を隠せません。
Gyuuu6

そこには、こう書いてありました・・・。

『今日、ぷみまる君は楽しく遊んでいる最中に、保育士と目が合うとトコトコと寄ってきて
”ギューッ”としてくれましたheart01
(※ハートマーク、原文のまま)

(ぷみまる・・・保育士さんにもギューッてしてるのね・・・・・・・。)

そしてこれもまたしょーもないカップルのように、ぷみまるをなじってみたりしてしまう母でした。
Gyuuu7

ぷみまるの通っている保育園は、前々から子供との信頼関係を作るために転んで泣いている時やお昼寝明けなどに保育士さんが子供に「ハグ」をしてスキンシップをはかっているらしく、それは本当にすばらしいことで、ぜひ推奨していってほしいなあと思うのですが

ぷみまるから積極的にギューしていると言われると、どうも何だか違うような、複雑な心境の母なのでした。
(いや、ぷみまる父はもっとショックかも?)

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
いや、元来社交的な性格のぷみまるのことだから予測しておくべきだったのか?
母に応援クリックお願いします(;´д`)

| | コメント (4)

2009年12月 9日 (水)

ごはん作ってるすか?

過去の記事にも登場しているかもしれませんが、ぷみまるの話し言葉の中に、「~るすか?」というのがあります。

母がごはんを作っていると横に来て、こんな風に言います。
Rusuka1
正しくは「ごはん作ってますか」なわけですが、なんだか可愛いし音の感じがいいので、そのままにしています。

というわけで、母も使います。
するとぷみまるも、母と同じように答えてくれます。

Rusuka2


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
応援クリックよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

| | コメント (2)

2009年12月 5日 (土)

ぷみまる汽車にのる

ぷみまるのトーマス好きが始まってから色々調べていたら、富士急ハイランドに「トーマスランド」というのがあるのを知りました。
Kikansha5

連れて行ってあげたいのですが、ぷみまるの妹ほーちゃんがまだ小さいので、長い移動時間や遊園地のような1日がかりの場所はまだ躊躇してしまいます。

しかしぷみまるも遊び盛りの2才。
雑誌でトーマスランドのアトラクションの写真を見ながら、「ぷーくん、これに乗りたいー」と何度も行っています。

ぷみまるの希望を多少なりとも満たせないかと、ミニ汽車のようなものがある施設を探していたところ、いいものが見つかりました。
Kikansha6

これです。
葛西臨海公園内を走るパークトレイン。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities026.html

これならぷみまるも喜びそうです。

というわけで、先週の土曜日に、ぷみまる母とぷみまるの2人で早速行ってきました。
(ぷみまる父とほーちゃんはお留守番です。)
Kikansha7

到着早々、パークトレインに目を奪われるぷみまるです。
Kikansha8
早い時間に着いたため、まだその日の第一便まで時間がありましたが、ぷみまるが飽きずに汽車を眺めていたので、出発時間まで待っていることにしました。

パークトレインを見つめるぷみまるです。

 Kishaphoto1

出発時間となり、早速乗車します。

 Kishaphoto2

その後は公園内を一周約25分の旅。
Kikansha9

お天気もよく、広い公園をのんびりガタゴトと進んでいくのはなかなか気持ちがいいものでした。
途中で鳥のいる広い池があったり、遠くの方にディズニーランドが見えたり、水上バス乗り場や観覧車の横を通ったりと見所もたくさんあります。

パークトレインは時々「シュー! シュポー!!」と汽笛の音をあげるので、ぷみまるも「しゅっしゅぽっぽってしてる!」と大喜びでした。

ただ、ぷみまるから「レールの上、走ってないねえ」という鋭いご指摘がありましたが・・・sweat02

でも、とても楽しんでくれたようでよかったです。
着いて早々に黄色い汽車(なのはな号)に乗り、葛西臨海水族館をぐるりと見てから、帰りがけに今度は青い汽車(うみ号)にも乗って、大満足のぷみまるでした。
帰宅後も、「ママとポッポさん乗ったねえ」と何度も嬉しそうに話していましたが・・・

どうも行った先がトーマスランドだと思っているようです・・・。
Kikansha10

一応母は幾度も「トーマスじゃないよ」と(小声で)訂正していたのですが・・・sweat02
まあ楽しい思い出になっているようだから、しばらくこのままにしておくか・・・sweat02sweat02

ぷみまる、いつか本物のトーマスランドに連れて行ってあげるからね。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
多少(?)の誤解はあったけれど、楽しい思い出になりました。
応援クリックよろしくお願いします(・∀・;)

| | コメント (6)

2009年12月 4日 (金)

ぷみまると機関車トーマス

先日、ぷみまる父が「きかんしゃトーマス」のDVDをレンタルしてきました。

最初のうち、ぷみまるは目がギョロギョロ動く機関車たちを見て、「こわい、こわい!」を連発していたのですが
Kikansha1
こわいと言いつつ何度も何度も観たがります。
Kikansha2 

そうこうしているうちに

ここに1人、きかんしゃトーマスおたくの2歳児が誕生しました・・・。
Kikansha3

しかも、ぷみまるの一番のお気に入りは「トビー」という石切場の路線で働く機関車です。なんだか渋すぎます・・・。
Kikansha4

一緒に観ているうちに、母もずいぶん詳しくなってきてしまいました。

これまでぷみまる母は「きかんしゃトーマス」を、顔の濃い機関車達が、やたら妬み嫉み、過剰な自慢や嘲笑の渦巻く世界で人間くさい小競り合いを繰り返すいやーな感じのする子供向け番組だとしか思っていなかったのですが

よくよく見ていると背景や建物のセットも良くできているし、音楽もなかなか耳に心地よく、英文和訳調の独特のセリフ回しもだんだんやみつきになってきます。
「トップハムハット卿がトーストとマーマレードの朝食をとっていると・・・」というような何気ないナレーションも、プルーストの「失われた時を求めて」を彷彿とさせます(あれは紅茶にマドレーヌを浸すのですが。ちょっと違うか!?)。
また、トーマスがうっかり駅長の家に突っ込んで建物を倒壊させる話があるのですが、その時に駅長の妻が(家の壁が壊れているのに)「朝食が(倒壊した壁の破片で)台無しよ! また作り直さなきゃいけないじゃない!」と怒るところなど、なんだか非常にツボにはまります。


ぷみまるにはまだストーリーはあまり重要ではなく、色々な機関車さんが走るので見ていて楽しいようです。
(というか、子供はみんなそうなんだと思いますが・・・。)


というわけでぷみまる母も、当分の間はぷみまると共にトーマス道を究めていくことになりそうです。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
チャッラッララ~ララ~ラ~♪
と、オープニングの音楽が頭を回り続ける母です(@Д@;)
応援クリックよろしくどうぞお願いします。

| | コメント (2)

2009年12月 1日 (火)

母はカメラマン

最近、ぷみまる母は「寝返りを打とうとして頑張った末に、ベビーベッドの端で脱力しているほーちゃん」の写真を撮るのが好きです。
Shashin1
どんな写真かというと、こういうのとか

 Shashinphoto1

こういうのです。

 Shashinphoto2

ぷみまる父にはこんな風に言われましたが、かわいいのでついついこんなのばかり撮ってしまうのです。
Shashin2
ところで写真といえば

ぷみまるは、少し前にはカメラを向けるとこんな風にポーズを撮ってくれる時期があったのですが
Shashin3
最近は、そううまくはいきません。
Shashin4
「こっち向いて」と言うと、真後ろを向きます。
(もちろんわざとです・・・。)

Shashin5

さらに走って逃げていきます。
Shashin6
ただでさえ動き回って写真がブレがちなぷみまるなのに、この上逃げられてはもうほとんどまともな写真が撮れません。

仕方なく母は、今日もパパラッチのようにぷみまるを追いかけ回すのでありました。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
走って撮ってヘトヘトの母に応援クリックお願いします(;´д`)

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

じいじとばあば&おばちゃんの来訪-2009年秋-

先日の三連休に、北海道に住んでいるぷみまるのお祖父ちゃんとお祖母ちゃん、そして伯母ちゃんが、ぷみまるとほーちゃんの顔を見に来てくれました。
Raiho2009aki1

ぷみまる、挨拶もそこそこに、なにやら持って伯母ちゃんに近づいています。
Raiho2009aki2

・・・トイザらスの広告を見せています。
Raiho2009aki3


ぷみまるは、先日ポストに入っていたトイザらスのクリスマス特集の広告をここ数日ずいぶん気に入っていて、ページをめくっては「ぷーくんはこれが好きー」と指さしていました。

まだ明確にほしい物があるというわけではなく、その時の気分で目についた物を指さしているようなのですが
(このタイミングでやるとまるで催促しているように見えるよsweat02!!)
と、あわてるぷみまる母でした。

ほーちゃんもごきげんでご挨拶です。
ここ数日、反り返りが激しくてこんな格好に・・・。

Raiho2009aki4
おみやげももらって、嬉しそうに遊ぶ2人です。
Raiho2009aki5

3日間たくさん遊んでもらい、とても楽しかった様子のぷみまるとほーちゃんでした。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
久々の再会に
応援クリックお願いします!ヽ(´▽`)/ 
 

| | コメント (4)

2009年11月19日 (木)

こぶししゃぶり×2

最近ほーちゃんが指しゃぶりを始めました。
Yubishabui1

指だけではなく、こぶしごと口に入れるのは
ぷみまるの時と同じです。
Yubishaburi2

ここにもう一人、こぶしを口に入れている人が・・・!
Yubishaburi3

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
最近、妹の真似を色々したがるぷみまるに、
応援クリックお願いしま~す!ヽ(´▽`;)/

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

作詞作曲ぷみまる

ぷみまるは、歌が大好き。
最近では自分で作詞作曲もします。

これはよく歌っている「だいすき果物」シリーズ。
Uta1
「ぶどう」の部分が柿だったり梨だったりもします。

もともとは、しまじろうDVDの中に「大好き大好きバナナ~♪」という曲があって、その替え歌だったのですが、最近は音程やリズムもオリジナルなものになっています。

時々変な歌も創作しています。
最近母の印象に残った歌詞はこれ。

Uta2

おまめにせっけん・・・sweat02??

保育園の連絡帳にも、「今日ぷみまるくんは自分で作詞作曲した歌を楽しそうに歌っていました」と書かれていたことがありました。
(ぷみまる、いったいどんな歌を歌ってたんだろう・・・。)と、ちょっと不安な母でした。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
さあご一緒に、「おまめにせっけん入れないで~♪♪」
ぷみまるに応援クリックお願いしま~す!ヽ(´▽`;)/

| | コメント (2)

2009年11月12日 (木)

しゅっしゅっぽっぽっ

しばらく前から、ほーちゃんをベビーベッドに寝かせるとき、ぷみまるが「しゅっしゅっ、ぽっぽっ」と言いながら母の後ろから押してくれるようになりました。

Shushu1

最初のうちはただ母を押しているだけだったのですが、だんだんと手が込んできて
Shushu2

最近は、2~3歩すすむたびに、ぷみまるが「あれ~!?」と言いながらガクリと膝をつく「オチ」をつけるのがお約束になっています。

さらに「あれ~!?」と言いながら、母の足の間から顔を出して見せたりするぷみまるです。
Shushu3

ベッドに到着するまでに時間はかかりますが、ぷみまるがママと一緒にほーちゃんをベッドに寝かせたい気持ちもわかるので、大体いつもこんな風にやっています。
Shushu4

しかし、ほーちゃんをベッドに寝かせようとする時に、たまたまぷみまるが近くにいないこともあります。

Shushu5

そんな時に、 うっかり母1人でベッドに運んでしまったりすると

Shushu6

大変なことになります。

Shushu7

(わー!! すごい形相で走ってくる!!)
Shushu8

そうなんです、「しゅっしゅっぽっぽっ」は、決してぷみまるに無断でやってはいけないのです。

もう一度ほーちゃんを持って、ベッドの数歩前からやり直しをしないと、納得してくれません。
Shushu9

そうこうしているうちに、ほーちゃんが起きてしまったりするのでした・・・。
Shushu10   

いつもちょっと迷惑そうな顔つきでこっちを見つめるほーちゃんです・・・。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   人気ブログランキング 
↑         ↑         ↑
でも、ここはひとつお兄ちゃんに協力してあげてね。
ぷみまるとほーちゃん兄妹に応援クリックお願いしま~す!ヽ(´▽`;)/

| | コメント (6)

より以前の記事一覧